光の粒速報

こちらのまとめサイトでは世間のニュースや声優、ゲーム、アニメ、マンガ等の情報を見れるような記事を作ります。 幅広く取り扱って行こうと思いますので、色々な方の参考になるブログを目指します。

    アニメ

    くいんまんさ


    1: フォーエバー ★ 2019/01/14(月) 14:08:42.64 ID:t6EFO+6T9
    日本には、数多くのロボットアニメが存在しているが、その中でも依然圧倒的な人気を誇るガンダム。ただ、脈々と続くガンダムシリーズの歴史に中には、あまり評価されていない不遇なタイトルもある。

    たとえば1986年に放送がスタートした『機動戦士ガンダムZZ』なんかは、その代表例といえるだろう。(文:松本ミゾレ)

    敵MSは前作で登場したガザCの発展系だったりで、子どもが見ても地味なイメージ

    『ZZ』の不人気ぶりについてはこれまでも散々議論されてきた。たとえば前作の『機動戦士Zガンダム』とは正反対の、明るくて子ども向け(というか子どもに媚びすぎて、子どもにすら「ガキっぽい」と思われる作風)のテイストがウケなかったとかだ。

    ほかにも、主役機のZZガンダムにスマートさがなくて、ガンプラとして魅力を感じにくかったとか、いきなりグレミーの反乱によってネオ・ジオンが分裂するのが、どうにも理解できない、といった点が指摘されている。

    加えて、いちオタクとして付け加えるならば、登場するMSに新鮮味がないのも、この時期のガンダムの特徴である。特にネオ・ジオン側のMSは、前作で登場してきたガザCの発展系という、どうにも古臭いイメージのマシンが多い。

    しかも搭乗するのは、ファーストの時代から変わらないジオンのノーマルスーツを着用したパイロットも多く、ロートル感が半端なかった。

    僕が小学生の頃、模型店に行くとバンダイが発行しているガンプラの冊子が貰えた。この冊子を読んでると、『ZZ』時代のMSってどうにも地味で、魅力が感じられない気分になったことを覚えている。

    ラスボスがハマーンの乗るキュベレイというのも微妙では

    僕自身としても『ZZ』という作品に、あまりパッとした印象を持っていない。その理由は、前作の『Z』から色んなものを引きずり過ぎている点にあると感じる。

    アクシズの首魁であるハマーン・カーンは未だに多くのファンを抱える人気キャラクターだが、だからと言って前作の中盤から登場した彼女をラスボスに据えるのは食傷気味になる。

    しかも愛機はキュベレイのままだし、取り立てて変わった点と言えばハマーンのノーマルスーツの有無ぐらいしかない。劇的な進化を遂げたとされるこの時期のMS群にあって、キュベレイはもはやロートルの域であり、量産すらされているシロモノだ。

    以下続きはこちらから↓

    2019/1/13 09:00 キャリコネニュース
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190113-45383628-careercn

    https://iwiz-cmspf.c.yimg.jp/im_siggHUQpKVtsWGaWA9gz8jnNYw---x450/c/cmspf/84/33/51/57/1b0e2401c8f0ae44c5cf35f9d1e310f2.jpg

    【【アニメ】『機動戦士ガンダムZZ』私の好きな作品、酷評されてしまう…(悲報)】の続きを読む

    イメージ2659


    223: 風の谷の名無しさん@実況は実況板で (スッップ Sd9a-onZz) 2019/01/11(金) 02:01:18.56 ID:rTfSevWHd
    オ〇パイさんだらけで今後水着・温泉回がどうなるのか大変にむしろ猛烈期待しますあと妹ちゃんあれアホ毛と呼んで良いかな?

    【【アニメ】五等分の花嫁1話「五等分の花嫁」感想(ネタバレあり)】の続きを読む

    dororo


    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/01/06(日) 18:52:07.86 ID:CAP_USER9
     手塚治虫の名作マンガが原作のテレビアニメ「どろろ」が7日から
    順次、放送される。1960年代に「週刊少年サンデー」(小学館)ほかで
    連載され、2007年には実写映画も公開された。
    新作は69年以来、約50年ぶりにテレビアニメ化される。

     舞台は戦国時代。醍醐(だいご)の国の主である景光は、ある寺の
    お堂で12体の鬼神像に領土の繁栄を願う。それと引き換えに生まれた
    景光の世継ぎは体のあちこちが欠けており、忌み子として川に流されて
    しまう。時は流れ、鬼神は景光との約束を果たし、国には平安が訪れる。

     そんなある日、どろろという幼い盗賊が、両腕に刀を仕込む
    全身作り物の男・百鬼丸と出会う。百鬼丸は、見えない瞳で襲い来る
    化け物を見据えていた……。妖怪から自分の体を取り返そうとする
    百鬼丸とどろろの旅が描かれる。

     舞台を中心に活躍する俳優の鈴木拡樹さんが百鬼丸、子役の鈴木梨央さんが
    どろろをそれぞれ演じるほか、佐々木睦さんや内田直哉さん、
    千葉翔也さん、大塚明夫さんらが声優として出演する。
    「ユーリ!!!on ICE」などのMAPPAと手塚プロダクションが制作する。
    放送はTOKYO MX、BS11、時代劇専門チャンネル。

    毎日新聞 2019年1月6日
    https://mainichi.jp/articles/20190105/dyo/00m/200/005000c

    【【アニメ】「どろろ」手塚治虫の名作が50年ぶりテレビアニメ化 !本日最速で22時からスタート!!(強いネタバレあり)】の続きを読む

    イメージ2456


    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/01(火) 20:04:39.615 ID:VCgG0oyv0
    これだけは見せないでくれ泣くからってアニメは何?

    【【泣けるアニメ】もしも『絶対に泣いてはいけないアニメ24時』という企画に出るとしたら…(ネタバレあり)】の続きを読む

    beji-ta


    1: 名無しさん@涙目です。(玉音放送) [GB] 2018/12/31(月) 08:48:01.68 ID:pED3fisg0 BE:232392284-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    2018年のアニソン界を振り返るNHKの音楽番組「アニソン!プレミアム!」(BSプレミアム29日午後10時半、BS4K31日正午放送)でアーティストが披露する楽曲のリストが28日、公開された。
    https://news.mynavi.jp/article/20181228-748175/

    no title

    no title

    no title

    【【声優】井口裕香さん、年末ライブでお胸に………!?】の続きを読む

    このページのトップヘ